第三種旅行業登録

かつては海外旅行も企画募集できる第一種、国内のみの第二種の2種類しかなかった旅行業も、大分前に第三種ができて3種類となっている。
この第三種は、営業所の所在地及びその周辺市町村を出発地、目的地とする旅行を企画募集できるもので、地域密着型を想定したものである。

企画募集できる地域が非常に限られているため、あまり意味がないと思われている向きもあるようだが、実は意外と使えるものである。
普通に旅行業を営みたい方にとってはそれほどメリットはないかもしれないが、地元のバス会社やタクシー会社、旅館などは話が別だ。
自分のところを組み込んだ旅行を企画募集できる、かなり使える許認可だといえる。

農商工連携などにも効果があり、そちらの研修会でも話題の一つとして取り上げられていた。
官公庁でもこれをうまく活用して地域を活性化することを期待しているのであろう。

先に挙げた会社などではかなり面白い許認可である。
別に業務を持っている会社であれば、第三種旅行業の許認可取得も検討すべきである。

関連記事