【第7回】株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れは以下の通りである。
株式会社には、発起設立と募集設立の2種類の方式が認められているが、今回は一般的な発起設立(発起人が全株を引き受ける方式)とする。

1.定款作成
前回の定款案の作成そのままである。
そのため今回は特に説明はしないこととする。

2.定款認証
公証人に定款の認証をしてもらう。
本店(予定地)がある都道府県にある公証役場で認証してもらうことになる。
自宅のそばでできないこともあるので注意してもらいたい。

3.役員等の決定
取締役等の役員や本店(定款で決定していない場合)をここで決定する。

4.代表取締役の決定
代表取締役を決定する。
役員が一人の場合は不要

5.資本金の払込
発起人に資本金の払込をしてもらう。
会社名義の口座はまだ開設できないので、発起人の一人の口座に振り込んでもらう。

6.払込の確認
資本金の払込を確認する。
これは役員が行う。

以上を実行し、必要書類を作成して本店所在地を管轄する法務局に登記を行う。
大体1~2週間くらいといわれている。
地域によってはもっと早く完了する場合もある。

以上で会社設立の手続きは完了である。
補正があれば補正を行い、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)を取得する。

これが取得できたら設立は完了で、あとは税務署、都道府県税事務所、市町村役場に開業届を提出すれば、一応の区切りはつくだろう。
許認可等が必要な場合はそれを取得していくこととなる。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

関連記事