情報の社内共有は個人情報保護違反になるのか

先日、Pマーク取得支援のため、企業の個人情報保護教育の講師をしてきた。
教育は、Pマーク取得のためにはどうしてもやらなければならないものの一つである。
とはいえPマークのためではなく、従業員のレベルアップのためには必要なものということで、前向きに取り組んでいた。

質問を聞いていてわかったのだが、社内で個人情報を共有することが違反にあたるのかどうかが思いのほか解りにくいようだ。
我々は会社に個人情報を提供するということは、法人という人格にそれを提供するということで従業員個人に提供するものではないと考えるが、どうも担当者がしっかり管理して他の従業員には触らせないものだと考えていたようだ。

これはある意味正しい考え方で、全く関係のない従業員は個人情報に触れないようにするべきである。
しかし、業務遂行に必要な場合は社内であれば基本的には問題ないと考えた方が良いだろう。

自分が顧客だった場合、担当者が替わったからといって特に目くじらを立てることはないことを考えていただければということでこの件は納得していただいた。
最近は振り込め詐欺のような事件も多発しているので担当者以外は信用できないといわれないとは限らない時代ではあるが・・・

そのようなことが起こらないために、きちんと引継ぎをして担当者に対応させるのがベターな対応だろう。
正直な話これはありえない話ではないので、どの会社も今のうちに体制作りをした方が良いのではないだろうか。

 

関連記事