ハラルが注目されているらしい

最近、ハラルが注目を集め始めている。
あまり聞きなれない言葉かもしれないが、最近よく話を聞くようになってきた。

ハラルとは、イスラム(ムスリムともいうが、ここでは日本人にはなじみのあるイスラムを使うことにする)の言葉で、イスラム法において合法なもののことである。
定義は、日本ハラール協会のものが良いと思われるので、これを以下に引用させていただく。
「イスラム法において合法なものの事をハラールといい、非合法なもののことをハラームといいます。そして、最近ではそれ以外のハラールでない物の事を非ハラール(non halal)と称する事もあります。」

日本人にはあまりなじみがないと思うが、宗教には大概食等に禁忌(タブー)やしなければならないことがある。
イスラムはこれが特に厳しいようで、豚や犬猫、アルコール等の摂取が禁止されている。
そのため、彼らは禁忌を犯すことを避けなければならない。
ができるのか・・・。

そのような理由で、今ハラルが注目されてきているのである。
イスラム教の人口は世界で2番目に多いといわれ、日本の観光業が他国の後塵を拝している理由の一つとしてハラル対応ができていないことが指摘されていることから、東京オリンピックを控えた日本でも力を入れなければならないと考えられている。
地方公共団体で取り組んでいるところもあるくらいだ。
大学の学食等取り組みの進んだところでは、すでにハラル対応をしているようであり、今後も増加することが予想される。

推進する側もハラルをマネジメントシステムにまでした「ハラル認証」を用意し、認証規格にまでしている。
特にマレーシアはISOのように様々な分野のハラル認証を用意し、これをビジネスにしようとしているように見える。
国によって多少厳しさが違うため全イスラムがこれを認めたわけではないらしいが、かなり広く認められるようになってきているようだ。
海外(特に東南アジア諸国)に進出するならその取得も視野に入れた方が良いだろう。

関連記事