ハラルとは?

さて、前回ハラルが話題になっているということについて書いたので、今回はもう少しこれを詳しく見ていこう。
九州産業局が詳しくこれを定義しているので、以下に紹介させていただく。

ハラルとは
◇イスラム法において、合法なものの事をハラル(halal)、もう一つの意味は「健康的、清潔、安全、高品質、高栄養」
◇健全な商品や活動を表すイスラム教の教え(戒律)の総称。安全で健康な生活を営むためのガイド
◇ハラルかハラムであるかは、「食」だけでなく、「健康・清潔・安全等」の簿イスラム教徒の日々の生活が該当
◇なお、非合法なもののことをハラム又は非ハラール(non halal)
◇神が良いとしているもののみを食する、それ以外の行為をすることはすなわち背信行為。従って、神に身を委ねる
イスラム教徒にとって、ハラルではない物を口にすることや行為は罪を犯すことであり、信仰の重要な問題。
(コーランの根拠)「あなたがた使徒たちよ、善い清いものを食べ、善い行いをしなさい。われはあなたがたがすることを熟知している」
「ハラルであるか、ハラムであるかを決めるのはアッラーのみ」
(行為の事例) 賭博、高利貸し、利子、飲酒、同性愛、男性が女性の格好をする事やその逆、男性がシルクや金を身につけること
ハラムなものをハラルと偽造する行為はハラム。ハラムな行為をする人とそれらを助成する事もハラム

飲食を禁止されているもの(タブー)
○イスラム法(シャリア法)に基づき食肉処理されていない動物
○アルコール類→ 中毒性
○豚・犬及びそれらの子孫→病原性寄生虫が発生しやすい(ソーセージ、ベーコン、スープ、ゼリー、ゼラチン、調味料、健康食品、豚由来の酵素)
○虎・熊・象・猿などの長く鋭い牙を持つ動物→ 牙に毒性がある
○鷲・ふくろうなど爪のある鳥や捕食鳥
○ネズミ・ゴキブリ・サソリなど病原菌を運ぶ動物や毒を持つ動物
○ロバ・ラバ
○ワニ・カエル・ヘビなどの両生類・は虫類→ 毒性を持つ
○シラミ・ハエ・ノミなどの嫌悪感を起こさせる動物→ 菌を運ぶ
○花蜂(ミツバチ)・キツツキ(蜂蜜はハラル)
○不浄な場所に棲息する「魚」や汚染水(魚・植物・キノコは有毒・中毒性がないものはハラル)
○遺伝子組み換え品

日本で問題になりそうなのは、やはり豚とアルコールということになるだろう。
肉も屠殺方法に決まりがあるのでちょっと厳しいが・・・

この食に関するハラルで特徴的なのは、一度でも禁忌に触れた(ハラム)ものはハラルではないというこだ。
アルコールなどは熱で飛ばしてもハラルとして認められないし、豚の油を使った肥料を使用して育てた植物も×。
まっさらでなければならないのだ。
そのため、実は日本ではかなり厳しいルールだといえるだろう。

何それ?どうやって判断するの?と思う方は、子供の頃にはやった(と思われる)「えんがちょ」を思い出していただければ良いだろう。
こういう言い方をすると問題かもしれないが、ほぼそのままである。
一度でも触れたらアウトなのだ。

違いは、ハラルは徹底しているので、次の日には忘れている、というようなことはないことだ。
インドネシアで日系大企業が痛い目にあったのを見ればわかるように、冗談では済まされないので注意が必要である。

関連記事