マル経融資制度

無担保・無保証人で事業の融資が受けられる、そんな制度を知っているだろうか?

実はいくつかある。
その中でも有名なのが日本政策金融公庫(商工会議所の扱い)の融資制度「小企業等経営改善資金(通称マル経融資)」だ。
金利の低さ(平成22年9月9日現在:1.85%)と無担保無保証、保証協会の保証すら必要ないのが魅力的な制度である。

さて、小規模企業の経営者やコンサルタントに評価の高いこの制度だが、平成22年9月月現在、貸付限度額が1500万円、返済期間も設備資金10年、運転資金7年になっている(平成22年10月19日現在)。

融資対象は以下の通り。
・従業員が20人以下(商業、サービス業では5人以下)の法人又は個人事業者 ・6ヶ月以上商工会議所の経営指導を受けている方
・同市内で1年以上事業を営んでいる方
・税金の滞納がない方
・国民生活金融公庫の非対象業種でない方
上記以外に、少なくとも決算を2回やっていないといけない(2期分の決算書と確定申告書が必要)ので、これをクリアする必要がある。

この融資対象に該当する企業は、検討する価値がある制度だろう。
融資を受ける際、選択肢の一つとして検討をお勧めする。

関連記事