医療法人の医師の人数

医師が少ないので、医療法人化するのをあきらめていいないだろうか?

医療法人を設立するにあたり、実は、医師は一人以上で良いとなっている。
いわゆる一人医師の医療法人呼ばれるものである。

そうなると分からなくなってくるのが、理事や社員(評議員)の人数である。
これら理事等も一人で大丈夫なのだろうか。

残念ながら、理事等に関しては原則として3人以上(監事は一人以上)必要である。
役員になる方はきちんと3人以上揃えなければならない。

医師が足りないため医療法人を設立できないと思っている方、医師の数=理事の数ではないので、それだけであればあきらめないでもらいたい。
数が必要なのは、医師ではなく役員なのだ。

関連記事