社外役員

社外役員

上場企業やそれを目指す企業は、取締役や監査役といった役員に社外の人間、いわゆる社外取締役や社外監査役といった社外役員を入れることが必要です。
この社外役員は、社外の人間であること以外に制限はほとんどありません。

しかし、法令や当該ビジネス等、何か専門的知識を有している方が適しているのは自明の理です。
特に法令は、社外役員にはコンプライアンスの遵守をはじめとするリスクマネジメントを行う方としての機能を期待しているように見えるので、これに明るい方が適任です。

このような人材は、簡単に見つかるようでなかなか見つからないのが実情です。
気心が知れていても社内の人材では要件を満たすことが敵わないし、社外となると本当にそれだけの能力があるのか把握できないからです。
簡単に見えて、意外と難しいものといえるでしょう。

ジャパン事業法務事務所では、社外役員が必要な上場している又はそれを目指す企業の役員に就任し、業務を行うサービスを行っています。
このサービスは、開業当時から当事務所の顧問先であるか、近く上場しようという企業、もしくは上場企業のみのサービスとなっています。

また、このサービスは、その性格上当事務所との契約ではなく、個人との契約になることをご了承ください。