会社設立

起業するなら会社設立

独立開業をするなら、絶対に法人格を取得すべきでしょう。
なぜなら、その方が事業を進める上で圧倒的に有利だからです。

考えてみてください。
自分が商品を購入するとき、よくわからない個人から商品を購入するでしょうか。

最近はインターネット詐欺も増えており、加害者の多くは外国人、しかも個人で販売をしている状態です。
個人事業だと、このようなものと同類に思われる危険性は極めて高いといえるでしょう。
今の時代、会社設立は独立開業の必須ツールといえるのです。

会社もどのような形態で良いかというと、そうではありません。
通常、営利法人を選択することとなると思いますが、営利法人は、会社法で以下の4つの形態が認められています。

・合名会社
無限責任社員のみからなる法人。
有限責任ではないので、当然ながら法人の負債は全て社員が負うことになります。
そのためほとんど選択されない形態です。

・合資会社
無限責任社員と有限責任社員からなる法人。
無限責任社員は、同名会社と同様法人の負債を全て負うことになります。
これも現在ではほとんど選択されない形態です。

・合同会社
有限責任社員のみからなる法人。
ただし、株式会社と異なり社員=経営者となります。
旧商法上の有限会社に近いが、有限会社と比較してあまり使い勝手は良くありません。
法人としての信用も低く、あまり選択されない形態です。

・株式会社
会社が発行する株式を取得した有限責任を有する株主のみからなる法人。
所有と経営の分離が図られており、株主以外の人も役員になることが出来ます。
一般的に会社設立はこの形態を選択することになるでしょう。

会社の他に設立することがあると思われる法人は、主に以下の4つでしょう。
・一般社団法人
・一般財団法人
・特定非営利活動法人
・医療法人(医療機関のみ)

会社形態のメリット・デメリット

会社には、個人事業と比較していくつかのメリット、デメリットが存在します。
これらについての主なものは以下の通りです。

会社形態のメリット
・信用度が高まる(特に株式会社)
・融資や助成金、補助金も有利 ・有限責任 ・資本を集めやすい
・個人と別会計になる
・個人に何かあった場合にも許認可を取り直す必要等がほとんどない
・個人に何かあった場合にも事業が存続しやすい

会社形態のデメリット
・費用がかかる
・事務作業が増える
・場合によっては税金の負担が増える

以上の通りです。
事業を行うのであれば法人(株式会社)にするメリットはきわめて大きいといえるでしょう。

会社設立の費用と流れ

会社設立の費用(実費)の目安は以下の通りです。
・定款認証・・・・・・・・・・・・・52,000円程度(電子認証を利用した場合。頁数によって上下がある)
・登記(収入印紙)・・・・・・・・ 150,000円~(資本金の7/1000で最低150,000円)
・代表印等・・・・・・・・・・・・・ 5,000円程度~
・登記簿謄本(全部事項証明書)・・・ 600円×通数(ページ数によっては1,000円を超える場合あり)
・印鑑証明書・・・・・・・・・・・・・ 450円×通数
・交通費
※平成26年6月1日現在 例えば資本金が1000万円の会社の場合、合計で220,000円程度の実費がかかることになります。
当事務所を利用される場合は、これに当事務所等への手数料が付加されます。
自分で全て手続きをする場合、多くの方は電子認証ができないものと思われますが、その場合は紙媒体による定款認証になるため、40,000円(印紙代)が加算されるので注意が必要です。
なお、一般社団法人、一般財団法人はこの印紙代40,000が不要であり、合同会社及び特定非営利活動法人は、定款認証の必要がありません。

また、会社設立の大まかな流れとかかる日数の目安は、下の図の通りです。
地域やタイミング等により、かなり違いが出るのでご注意ください。
最近は申請から登記完了までの日数が短縮される傾向にあるようです。
2~3日で完了することも多く、都心の法務局でも1週間程度で完了しているようです。

設立の手順と日数(参考)


小売業、ネットショップの資本金

最後に、ネットショップを含めた小売業を始める際の株式会社の資本金について書いておきます。
極めて重要な問題であり、設立相談でもトップ3に入る質問だからでです。

小売・流通業を始めるとき、非常に小額な資本で開業する会社が結構あります。
確かに製造業と比較したら少なくても大丈夫でしょう。

しかし、ある程度のまとまった資金は必要不可欠です。
あまりに少ない資本だと、バーチャル店舗でもすぐに資金ショートします。

小売・流通業は(飲食業もですが)、本来日銭が入るため資金ショートしにくい性格を持っています。
しかし、よほど恵まれた環境であれば別ですが、開業当初から掛けで商品を仕入れることは難しいのが現状です。
最初は現金仕入ということになってしまうことが多いのです。

そうすると、出が先になってしまい、黒字になればなるほどキャッシュフローが枯渇することになってしまいます。
楽天等のショッピングモールに入るとカード決済が多いため、さらに資金繰りが厳しくなります。

最近は創業融資も資本金と同額までという上限ではなくなっているので融資でまかなえれば何とかなるかもしれませんが、極端に資本金が少ない会社でそれが可能かといわれると、正直かなり厳しいといわざるを得ないでしょう。
資本金はそれなりに用意する必要があります。
規模にもよりますが、やはり300万円程度はあった方が良いでしょう。