会社設立するなら中野区の行政書士SUZUKI合同事務所

株式会社や合同会社をはじめとする会社や一般社団法人、一般財団法人等の法人設立は東京都中野区の行政書士SUZUKI合同当事務所へ

役員の欠格事由

time 2018/11/26

役員の欠格事由

先生 こんにちは

avatar

ビット

avatar

副所長

ビットさん こんにちは
こちらへどうぞ

ありがとうございます
今日はちょっと役員になれない方について
教えてもらおうかなと思ってきました

avatar

ビット

avatar

副所長

おや 役員を増員するのですか?

いえ まだその計画はありません
でもあれだけ日産やゴーンが騒がれていて
やれ解任だとかいわれているじゃないですか
そうしたら何をやったら役員になれなくなるのか
興味が湧いてしまって・・・(笑)

avatar

ビット

avatar

副所長

なるほど
そういうことですね
法律では会社法331条に取締役について規定されていますので
それを見ましょう

(取締役の資格等)
第三百三十一条 次に掲げる者は、取締役となることができない。
一 法人
二 成年被後見人若しくは被保佐人又は外国の法令上これらと同様に取り扱われている者
三 この法律若しくは一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成十八年法律第四十八号)の規定に違反し、又は金融商品取引法第百九十七条、第百九十七条の二第一号から第十号の三まで若しくは第十三号から第十五号まで、第百九十八条第八号、第百九十九条、第二百条第一号から第十二号の二まで、第二十号若しくは第二十一号、第二百三条第三項若しくは第二百五条第一号から第六号まで、第十九号若しくは第二十号の罪、民事再生法(平成十一年法律第二百二十五号)第二百五十五条、第二百五十六条、第二百五十八条から第二百六十条まで若しくは第二百六十二条の罪、外国倒産処理手続の承認援助に関する法律(平成十二年法律第百二十九号)第六十五条、第六十六条、第六十八条若しくは第六十九条の罪、会社更生法(平成十四年法律第百五十四号)第二百六十六条、第二百六十七条、第二百六十九条から第二百七十一条まで若しくは第二百七十三条の罪若しくは破産法(平成十六年法律第七十五号)第二百六十五条、第二百六十六条、第二百六十八条から第二百七十二条まで若しくは第二百七十四条の罪を犯し、刑に処せられ、その執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなった日から二年を経過しない者
四 前号に規定する法律の規定以外の法令の規定に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。)

いつも思うのですが
条文の番号ばかりで読みにくいですよね

avatar

ビット

avatar

副所長

そうしないと改正が大変ですからね
仕方がないでしょう
本題に戻りますが
一の法人と二の成年被後見人等ははわかりますよね

はい
法人そのものは意思決定できないですから
担当者によってコロコロ意見が変わっても困ります
成年被後見人は財産管理ができないので当然でしょう

avatar

ビット

avatar

副所長

そうですね
被補助人は入っていないところもわりと重要です

ちょっと試験チックなネタですね(笑)
まずないでしょう?

avatar

ビット

avatar

副所長

まぁそうですね(笑)
三は会社法や金融商品取引法、破産法などの
ビジネス系の法律に違反した方が該当します

日産の事件が有罪で確定したら
ゴーンはここに該当するわけですね

avatar

ビット

avatar

副所長

はい
そして四はそれ以外の法令違反で禁固刑以上の刑罰を受けている方ですね

三の方が厳しいのですね

avatar

ビット

avatar

副所長

ビジネスパーソンとして失格ということでしょう
当然といえば当然ですね

他にはないのですか?
社外役員とか結構要件が厳しかったような・・・

avatar

ビット

avatar

副所長

社外役員はまた別の法律なんですよ
説明はこちらをご覧ください
その方が早いでしょう

社外役員、独立役員について
https://www.septentrion.jp/ipo/board

なるほど
社外役員の場合には他にも要件があるのですね
ありがとうございます

avatar

ビット

avatar

副所長

また何か質問があったらご連絡ください

ありがとうございます
また連絡させていただきます
というか来ます

avatar

ビット

中野の会社設立専門行政書士SUZUKI事務所へのお問合せはこちらからどうぞ

Follow me!

contact_txt

フォントサイズ

東京経営法務研究所

契約書作成、規約・内部規程の作成、法務の相談等、法務のことなら東京経営法務研究所

セキュリティ自己宣言

セキュリティアクション自己宣言中

お電話はこちら
テキストのコピーはできません。