会社設立するなら中野区の行政書士SUZUKI合同事務所

株式会社や合同会社をはじめとする会社や一般社団法人、一般財団法人等の法人設立は東京都中野区の行政書士SUZUKI合同当事務所へ

合同会社に合う業種

time 2018/11/05

合同会社に合う業種

avatar

副所長

うーん・・・

こんにちは 副代表
何を唸っているんですか?

avatar

ビット

avatar

副所長

あぁ ビットさん
いや 以前株式会社以外はダメといっていましたが
合同会社も場合によっては良いのではないかと思うようになって
使い方を検討していたのです

へぇ~ ウチは株式会社で良かったですよ
取引先に変な顔をされませんでしたから
あ 株式会社なんですね~で終わりでした

avatar

ビット

avatar

副所長

小売業などは確かにそうなのです
それなりに資金も必要ですし
信用のためにも株式会社は必須です
でもそうでない業種もあります

資本がほとんど要らない会社ですか?
そんな会社あるんですか?

avatar

ビット

avatar

副所長

ITでも技術系の会社
特にホームページの制作会社などで
個人から一歩進んだくらいの規模だと
株式会社にしなくても良いのかなと思います

信用は大丈夫なのですか?

avatar

ビット

avatar

副所長

この規模と業種の場合
代表のウデと信用がイコールになります
その場合はほぼ支障がありません
この系の企業にはありがちな話です

芸能人や職人みたいな感じなんですね

avatar

ビット

avatar

副所長

はい
だからその辺の方にも適用されますね
代替が利きにくい場合は合同会社でもいいのかなと
個人事務所よりは合同会社の方がいいです

有限責任ですもんね
でも代表取締役という肩書は使えませんよね

avatar

ビット

avatar

副所長

はい それは無理です
でも社長ならOKです
社長は法律用語ではないですから

なるほど それなら合同会社でも
良いのかもしれませんね

avatar

ビット

avatar

副所長

それとそのような比較的一般的ではない企業の場合でも
合同会社にはもう一つ重要なメリットがあります

登録免許税ですよね?

avatar

ビット

avatar

副所長

はい それも9万円違うのですが
定款の認証が不要なので
さらに5万円強違うのです

14万円!
これは大きいですね

avatar

ビット

avatar

副所長

その分定款を公証人に確認・認証していただけない
というデメリットは存在してしまいますけどね

官公庁等に定款のコピーを提出するときも
公証人の認証がないものを提出することになってしまうのですね
うーん 微妙ですね・・・

avatar

ビット

avatar

副所長

正直な話
合同会社は定款認証が必要ないこと自体が
私には理由がよくわかりませんけどね

合名会社や合資会社と違って
無限責任社員がいませんからね

avatar

ビット

avatar

副所長

合同会社は株式会社に組織変更が可能ですからね
その上合名会社も合資会社もそうですが
だから実費の総額は株式会社設立より
合同会社を設立して株式会社に組織変更した方が安上がりなのです

えっ!?
それおかしくないですか?

avatar

ビット

avatar

副所長

そう思うんですけどね
でもそうなっているのです

それだと多くの会社が合同会社から組織変更を選択しませんか?

avatar

ビット

avatar

副所長

履歴事項全部証明書の最後に「〇年〇月〇日設立」ではなく
「〇年〇月〇日組織変更」と書かれるのが嫌だという意見はあります
それと専門家に依頼した場合
総費用にあまり差がなくなるでしょうね

うーん そうすると
記載の細かいところは気にしなければというところでしょうか

avatar

ビット

avatar

副所長

登記にかかる時間も気にしなければ
ですね
全部完了するまで1ヶ月くらいかかりますよ

それは嫌ですね
少しでも早く株式会社で動きたいのに
でもそれほど時間を気にしない方で
自分で組織変更ができるならそれでもいいですね

avatar

ビット

avatar

副所長

少なくともホームページ制作会社などには手が合うと思います
そういう方には合同会社もいいのかもしれません

ウチみたいな小売業はあまり向いていないようですね

avatar

ビット

中野の会社設立専門行政書士SUZUKI事務所へのお問合せはこちらからどうぞ

Follow me!

会社運営

contact_txt

フォントサイズ

東京経営法務研究所

契約書作成、規約・内部規程の作成、法務の相談等、法務のことなら東京経営法務研究所

セキュリティ自己宣言

セキュリティアクション自己宣言中

お電話はこちら
テキストのコピーはできません。