株式会社や合同会社をはじめとする会社や一般社団法人、一般財団法人等の法人設立は当事務所へ

会社設立

  • HOME »
  • 会社設立

会社設立

事業するなら個人でなく会社設立がおすすめ!

独立開業をするなら、絶対に法人格を取得すべきです
なぜなら、その方が事業を進める上で圧倒的に有利だからです。

考えてみてください。
自分が商品を購入するとき、よくわからない個人から商品を購入するでしょうか。

最近はインターネット詐欺も増えており、加害者の多くは外国人、しかも個人で販売をしている状態です。
個人事業だと、このようなものと同類に思われる危険性は極めて高いといえるでしょう。
今の時代、会社設立は独立開業の必須ツールといえるのです。

会社の種類にはどのようなものがありますか?

会社や法人には、法令上いくつかの形態が認められています。
では認められているものならどれを選んでも良いかというと、そうではありません。

通常、営利法人を選択することとなると思いますが、営利法人は、会社法で以下の4つの形態が認められています。

・合名会社
無限責任社員のみからなる法人。
有限責任ではないので、当然ながら法人の負債は全て社員が負うことになります。
そのためほとんど選択されない形態です。

・合資会社
無限責任社員と有限責任社員からなる法人。
無限責任社員は、同名会社と同様法人の負債を全て負うことになります。
これも現在ではほとんど選択されない形態です。

・合同会社
有限責任社員のみからなる法人。
ただし、株式会社と異なり社員=経営者となります。
旧商法上の有限会社に近いが、有限会社と比較してあまり使い勝手は良くありません。
法人としての信用も低く、あまり選択されない形態です。


会社が発行する株式を取得した有限責任を有する株主のみからなる法人。
所有と経営の分離が図られており、株主以外の人も役員になることが出来ます。

一般的に会社設立はこの形態を選択することになるでしょう。

会社の他に設立することがあると思われる一般的な法人は、主に以下の4つでしょう。
・一般社団法人
・一般財団法人
・特定非営利活動法人
・医療法人(医療機関のみ)

会社形態のメリット・デメリット

会社には、個人事業と比較していくつかのメリット、デメリットが存在します。
これらについての主なものは以下の通りです。

法人にした時のメリットはこちら
・信用度が高まる(特に株式会社)
・融資や助成金、補助金も有利 ・有限責任 ・資本を集めやすい
・個人と別会計になる
・個人に何かあった場合にも許認可を取り直す必要等がほとんどない
・個人に何かあった場合にも事業が存続しやすい

法人形態にした時のデメリットはこちら
・費用がかかる
・事務作業が増える
・場合によっては税金の負担が増える

以上の通りです。
法人にするデメリットもありますが、全体的に見れば、信用、資本をはじめとしてデメリットよりメリットの方が大きいです
事業を行うのであれば法人(株式会社)にするべきでしょう。

ご相談は下記まで TEL 03-5302-1271 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)
メールは24時間受け付けています。

フォントサイズ

PAGETOP
Copyright © 行政書士SUZUKI合同事務所 All Rights Reserved.
テキストのコピーはできません。